二重サッシだけではマンションの結露は防げない


エコポイント(今回の名称は省エネポイント)の復活に数年前のように、一番手軽に設置ができてポイントもつく内窓式二重サッシの需要が大きくなることが予測できます。

とくにマンションにお住まいの方は日ごろから窓の結露に悩まされている方がおおいですから、その需要はさらに多くなることでしょう 結露を抑制するのに窓の断熱性を向上させるのは有効な方法と言えます。
住宅の中で温められた空気が寒い外気の影響によって熱を損失することを熱損失といい 室内の熱損失の割合を当てはめると、窓からの熱損失が60%だといわれておりますので、その窓を断熱するのは有効な手段です。

しかしマンションの場合、上記に加えていくつかの構造的な特徴によって窓だけの断熱だけでは結露を防ぐことは難しく、ヒートブリッジ現象(熱橋現象)と言って 返って窓以外の壁や見えない壁内部に結露しカビが繁殖してしまう現象が起きるのです。 さらにこの現象をわかって上で断熱工事をできない会社が多く、省エネポイントで新しい制度の断熱材の使用も対象となるのですが、 その計算方法も使い方も知らない業者さんに任せるとお客様が損をしてしまいます。

ここでさらに詳しくお話させていただきます。
①外皮躯体壁の断熱工事と熱橋対策 マンションはRC構造が大半ですから。躯体はコンクリートで作られています。そのコンクリート躯体の壁が外気に触れている部分を外皮と言い、この外皮コンクリ躯体が冬の寒気を室内に伝えるわけです。
コンクリ躯体の熱は外皮にとどまらず、外皮に大して直角に位置にする隣室の界壁躯体や天井壁にも熱が伝わり、その外皮壁と界壁壁の接合部がもっとも冷たい状態になってしまうのです。これをヒートブリッジ現象(熱橋現象)といいます。
ですから、皆さんの家でも、もっとも寒気の影響を受けやすい北側洋間や共有廊下に面した室内の天井や壁の接合部である角に黒いカビが多く生えている現象が見られると思います。

この状態で窓部分だけを断熱対策として二重サッシを施工するとどうなるか?といいますと 熱を損失する割合の高い窓を断熱することで室温を高い状態に保つことができます(施工前にくらべて)が 断熱されていない外皮躯体と熱橋状態の界壁は外気の影響を変わらず受けていますので結露してしまう状態ができてしまいます。

さらに二重サッシによって気密性があがるわけですから、滞留した空気が湿度をあげる可能性があり、さらに結露しやすい室内になってしまいます。ですから、調湿性のある仕上げ材料を使用して湿度をコントロールすることも大切です。ただ調湿というとエコカラットを使用する業者が多いですが、これも逆効果です。 調湿はしますが、セラミックなので外気の影響を受けやすくなり断熱に逆行してしまいます。

ここでさらに注意しなければならないのは、外皮や界壁の熱橋部分に結露をすると、内部結露という状況になってしまいますので目に見えにくい状態となり はじめは気づかずあとからカビが繁殖して行く状態となってしまいます まとめますと

①二重サッシだけの断熱では× 外皮コンクリ躯体と熱橋部の断熱工事が必要
②断熱工事と同時に湿度を調整する仕上げ材を使用すること(エコカラット以外の材料。)
③断熱の計算ができる業者でないと、省エネポイントの対象が減ってしまう

このように結露の問題は単純な内容ではなく、様々な温熱環境を考慮しないと逆効果になってしまうので専門的な技術と知識を持った業者に相談することが大切になります 。


  • 選ばれ続ける理由 自然素材 埼玉 リノベーション マンションリフォーム
  • 設計コンセプト 春日部 フローリング 自然素材 さいたま マンション
  • メディア実績・専門家としての取り組み リノベーション
  • リフォームブログ 珪藻土 サンビック マンション