見えない工事の大切さ ~業界紙・給排水管・断熱工事をしないで後悔~


中古マンションを買ってリノベ・リフォームで後悔した事という生活者の声が
2017年3月号のリフォーム産業新聞に掲載されていました。
見えない工事の大切さが、伝わってくる内容です。

この座談会では、実際に中古物件を購入しリフォームした
二人の女性のインタビューとなっており
内容を簡単に説明すると、入居する前は見た目だけのリフォームに資金を使い
住んでみて後悔しているとの話です。

では、何に後悔しているのか?

■Aさん
とにかく家が寒い。日中ですら寒い。断熱工事をすればよかった。
■Bさん
老朽化した給排水管工事をすればよかった。
実際に住んでから水漏れした。
周りのお家も水漏れして、弁償したとの話に不安だ。

ということでした。
つまり、見えない工事の大切さを、リフォームした後になって初めて気づいたということです。

さらに続きます。
お二人に共通しているのは
購入時にはリフォーム会社さんや不動産担当者は
断熱工事も給排水管工事も一切提案してくれず
お二人自身も目に見える部分にお金を使うことを優先したということ。
しかし、実際に住んでみてから「寒さ」や「老朽化した給排水管」などに不満と不安を感じ
その分の改修費を後回しにしているということ。

このお二人のインタビューから学べることは
「目につきやすい」水回りや内装工事は後からでもできるが
「目に見えない」断熱性能や給排水管は、入居前に改修するべきだということです。

サンビックでは、15年以上前から
この断熱工事と老朽化した給排水管の工事を推進してきました。
はじめの頃は、この話をしても相手にして頂けないことも多く
見た目だけをきれいにしようとするリフォーム屋さんに負けたりしました。

しかし、上記のインタビューの通り、後悔する方が実際に多くいらっしゃるのです。
このように、新聞に掲載されるということは、多数の方が同じようなことで
後悔しているいうことではないかと僕は思います。

やはりこれは、提案するリフォーム会社に問題があるとしか思えません。
お客様は建築のプロじゃないわけですから、プロに仕事を依頼するわけです。
プロなのに、実際に住んだ後の生活を考えて提案できないなら
それはプロの仕事とは言えないのでないでしょうか?

この業界新聞のある方が、こんな話をしていました。
「リフォーム業界には、いまだに悪徳業者が10%ほどいる。 
そして悪気はないが知識や専門性の無さで、適切な提案や施工ができず
結果お客様を困らせてしまう悪質な会社が70%いる。
本当に良質なリフォーム会社は20%。
悪気はなくても悪質な結果を生んでしまうのは
売上重視で専門性やスキルの向上を怠っている結果といえる。
やはり「餅は餅屋に頼め」というように、専門性とスキルを向上し
本当に良質なリフォーム会社になっていかなければ、この業界は良くならない」

私たちサンビックも、専門外の工事であれば、悪質業者なってしまうかもしれないと
マンション専門になっていくことを決め、常に学ぶ姿勢を大切に、専門の資格を取得し
創業から36年間成長してきました。

今では、問合せのお客様がほとんどが見えない工事を希望し
その専門性に、TVや雑誌などのメディアや行政、業界関係者から
高い評価を頂けるようになったのは
たとえ相手にされなかったとしても
「一生、お付き合いしていただきたい」との思いで
専門性を磨いてきたことの賜物だと思っています。

newspaper.jpg

  • 選ばれ続ける理由 自然素材 埼玉 リノベーション マンションリフォーム
  • 設計コンセプト 春日部 フローリング 自然素材 さいたま マンション
  • メディア実績・専門家としての取り組み リノベーション
  • リフォームブログ 珪藻土 サンビック マンション