• HOME
  • 結露対策リフォーム

結露対策リフォーム

なぜマンション専門知識がないと問題解決にならないのか?

結露が発生する仕組み

寒い冬の季節には窓がビショビショになっていたり、壁から黒ずみが出ていませんか?

それは結露によるカビの繁殖です!

放っておくと、天井や壁が腐食し崩れたり、何よりカビの胞子を毎日吸い込み家族の健康を害し様々な病気の原因となってしまいます。

室内に結露が発生する仕組みは

①室内の多湿
②温められた室内温度と冷たい外気温の温度差


によって起こります。

左図①のコップの例で見てみると、室温25℃・湿度50%に含まれる空気中の水分が、13℃以下の冷たいコップに触れた時に気体から液体へと変わり結露として表面化します。
図②のグラフで見てみると、室温25℃・湿度50%の黄色点が温度の低い対象物に触れることを想定して青い矢印のように行くとすると25℃~約14℃までは斜めの赤い曲線に触れないことがわかると思います。この赤い曲線は湿度100%を示しています。

しかし、この曲線に触れる赤い点(13℃)を超えると結露することを意味します。これを露点温度といいます。

グラフを見るとおわかりになると思いますが、露点温度を超えないためには、

空気中の水蒸気量を減らす(多湿にしない)事

と、

冷たい空気に触れない(断熱)すること

が必要です。これにより、結露を防いていきます。

さらに、もうひとつ加えると、

家全体を換気すること

も必要です。図③の様に、建物の南側に位置することが多いリビングで温められた空気が冷たい建物の北側に流れ込むと、露点温度を超え結露が起きてしまいます。

建物の中は、人間の呼吸や暖房器、加湿器の使用により水蒸気量が多くなりやすく、少しの温度変化で結露を起こしやすくなっています。

これを防ごうとすると、定期的に換気を行い、建物の中の水蒸気を外に逃がして上げることが必要になります。
まとめますと、

結露を防ぐためには

①多湿を防ぐ
②外気温に影響受けないように断熱する
③家全体を換気する


の3つが必要という事になります。
結露は自然の摂理ですから、露点温度を超えれば結露は出るので『結露が絶対に出ない』とは言えません。この点は、結露対策に取り組む上で必ず押さえておきたい点です。

結露には二つの種類がある

室内に結露が発生する理由は、

①室内の多湿
②室内温度と外気温度の差によって起こります。そして結露には、ガラスなどに出る目に見える「表面結露」と床や壁などの内側に起こる「内部結露」の2種類があります。
壁の黒ずみは内部結露によるカビです。ほっておくと、カビは繁殖します。住宅用エコポイントなどで注目されている、内窓式2重サッシは室内温度と外気温度の差を無くす 効果の高い製品です。しかし、、2重サッシだけでは表面結露しか解決できません。
そのため、内部結露は防げず、現状のカビは繁殖してしまいます。ですから結露発生を防ぎ、現状のカビを処理し、表面結露と内部結露をシャットアウトする
【内部結露で壁紙の裏にカビ繁殖】

『結露の出ない&カビの出ない仕組み』の安心安全な室内にする必要性があります。
マンション専門に結露対策してきたサンビックがお奨めするのは 適正予算でコストを抑えてこの問題を解決できる工法をご提案しています。

カビ処理・3つの除去工法
+  内外の温度差を軽減する断熱施工
+  調湿効果・カビの生えない壁材・珪藻土
+  住まい方(換気の仕方)

この工法が根本から問題を解決します
大事なことなので繰り返しお伝えします。

マンションの結露対策は結露箇所だけの施工では絶対に解決しません。

結露の特性に加え、家全体を考慮した換気状況、更に外気温からの影響を考慮することが結露対策には必要です。
このためには、マンションそのものの構造や立地条件も調査した上で、適切なプランニング、施工方法の選択、そして施工後の住まい方(のアドバイス)が必要なのです。そのため、

提案する業者側にも専門性が必要

になるのです。 ここで、1つ事例をご紹介します。
マンションにお住まいのHS様は、マンション住まわれてすぐに、北側の結露とカビに悩まされていました。そこで、リフォームによって、解決しようと3社に見積りを依頼したそうです。
その3社は、共に同じプランを提案されたそうです。
提案内容は、
「INAXのエコカラットという調湿性のあるタイルを外壁に面した壁全てに貼りましょう。」 というものでした。
エコカラットは確かに調湿性のある材料です。その一点だけ言えば、結露対策には有効のように見えますが、実はこの提案自体に大きな間違いがあります。語弊を恐れずに言うと、専門性のなさを露呈しているといえます。
このエコカラットの原材料は粘土材などでできたタイルです。つまり熱を通しやすい材料です。
この熱を通しやすいタイルエコカラットをすべての外壁面に張ると、外気温の影響を直接受けてしまい、室内温度を下げてしまいます。
そうなると当然、室内温度を上げるために暖房を過剰に使ってしまいます。そのことで室内の中で、外気温の影響を受け冷たくなったエコカラットが原因でさらに結露を出してしまう状態をつくってしまうのです。
その結露はエコカラットの内側で内部結露を起こし、窓には外部結露を更に増やして行ってしまったのです。
その結果、上写真のように内部結露で壁内部は腐食し、壁に吊ったエアコンが今にも落下寸前にまで剥離してしまっていました。
エコカラットは高額であり、1平米あたり、約1.5万~2.5万円となり、このお客様の場合、施工費も合わせると30~45万円はかかっていたと推測されます。
これだけの費用をかけて結露を解決するどころか、逆効果になった現場を見るのは、同じ業者として残念でなりません。
なお、見積りを依頼した3社は ①大手リフォーム②地元工務店③地元リフォーム店だったそうです。
マンションのリフォームには専門性が必要かご理解いただけましたでしょうか?

結露対策リフォームは施工事例はこちら

サンビックの提案する結露リフォーム4つのポイント

ポイント1:現状のカビを3段階工法で除去

外壁に面した壁面や壁紙(クロス)が『黒ずみ』や『はがれ』はカビが繁殖していると思われます。 その壁紙をはがすと、もっとカビは繁殖しています。 そのカビは処理しないと繁殖しますので、弊社では三段階の工法でカビをシャットアウトします。
<カビ除去の3工法>

①表面のカビ取り工法(削り等)

②特殊薬品によるカビ除去工法 (2~3回)

③繁殖を防ぐカビ止め剤を塗布
この作業をせずに、ただクロスを張替えると新しい水分を吸収して更にカビは繁殖します。 弊社ではこのカビ処理工法の後は、絶対にカビが生えない『珪藻土』を天井壁に塗ります。

ポイント2:内外の温度差を軽減するための断熱施工

結露は、湿った空気が冷たい面に触れることで結露します。つまり、冷たい面を作らなければ結露はしにくくなるわけです。部屋の中で最も冷たくなりやすいのが窓の部分。そのため、二重窓(内窓)を使うわけですが、これに加え弊社では、壁を含めた部屋全体の断熱施工をご提案しています。断熱施工は、結露を抑制するのに加え、様々なメリットがあります。
断熱による省エネで、光熱費は年間4万円節約出来ることが期待出来ます。30年間で120万円もお得になりますね。
冬期の暖房燃料費の高騰に悩む北海道などの寒冷地で、断熱化率が圧倒的に高いのは、省エネ出来て燃料費がとにかく圧縮できるからだそうです。
エネルギー消費を低減する省エネリフォームは、エネファームやエコジョーズ、太陽光発電システムや蓄電システムなどの製品や設備を導入するのが1つです。また熱損失を防ぐためには、最大の流出口である開口部=窓の断熱化が最も効果的とされています。
具体的には複層ガラスへの切り替えや、内窓の設置などがよく使われます。
複層ガラスは、内側に封入する気体の種類によって性能が異なり、断熱化以外にも、防犯などの性能向上に役立つ相乗効果が期待出来ます。
断熱の効果は光熱費の圧縮・防犯効果のアップだけではありません。健康面でも効果が期待されています。
断熱化率の高い北海道では、冬期の死亡率が極端に低いそうです。
ヒートショックによる死亡率が低減するほか、風邪や生活習慣病などの疾病での改善も報告されています。