埼玉県越谷市、春日部市、さいたま市のマンションリフォーム専門店の建築士コラム

リノベーションはオーダメイドの家づくり


リノベーションの最大のメリットはオーダーメイドの家づくりとなります。

多くの新築マンションや不動産系のリノベーションは単純な作りのファミリータイプの間取り、つまり田の字型の断絶された間取りの箱を提供しています。

それが良い人はいいですが、リノベーションの本質はその人その人のためだけのオーダメイドの暮らし方を作ることです。


その上でよく言われるの

「収納をいっぱいにしてほしい」

「広いおうちにしたい」

「家族それぞれに部屋」

などなど と抽象的な言葉で言われるのですが

それをろくに考えずにまともにつくるとどこまでも大きな面積が必要になります。

大きな面積なマンションは当然高いですよね?


実はこの希望や要望はそんな広い面積がなくても

普通のマンション面積で十分叶えることができるのが

僕たち設計側の経験と智慧の出しどころなんです!


例えば、収納についてですけど

まず収納がもっと欲しいかということを深掘りすると

片付かないからってことなんですよね。

でも

みなさんなんで片付かないか?わかります?


それは、簡単に言うと収納されるもの一つ一つに指定席がないからなんです

さらに言えば、これができれば片付けらる自分になっていくし、子供のしつけや教育となって片付けできる子に成長していけるんです!これ実証済みです。

片付けできると有効に時間を使えて、趣味などに時間がつけるし片付いた家は美しいし空気も綺麗で、リラックスする空間になるんです。


もちろん急に片付けらる人にはならないんですが、設計の打ち合わせしながら僕らと一緒に生活動線を考えながら片付けていくイメージを作っていってきちんと指定席を決めてあげるんです。

たとえば

毎日使う掃除機は取り出しやすいところに指定して

めったに出さない客布団は取り出しにくいけどいっぱい入るここに

ってほんの一部ですが、こんな感じにどこに何をしまうと言うことを決めてあげるときちんと収納できて片付くんです。


収納をもちろん増やすことも多いんですが、指定席を決めないとどこまでも収納を増やさないといけない家になってしまう...


実際僕のお客さんはいつ行っても綺麗に収納して片付いています。


収納は指定席を決めて設計すれば片付く家になるんです。

家の広さはあまり関係ないんです。



つづく



中古マンション+リノベ を進める理由


前出のコラムでマンションは地震大国の日本で最も安全な住宅形態であるといいましたが、
もう少し詳しく書くとともに中古マンション+リノベを推奨する話を書きたいと思います。


まずマンションの殆どがRC構造と呼ばれる鉄筋コンクリートの集合住宅であり、

そのRC構造は圧倒的に耐久性に優れているわけです。

著名な大学教授の一説によれば昭和56年以降の新耐震基準のマンションであれば最低100〜150年は持つと言われているように、
木造の耐久年数が25〜30年ですから圧倒的に安全な構造であるということです。 さらにマンションは管理組合が建物の維持管理をしてくれるというのが大きなポイントです。


ですから、築20〜30年の中古マンションを購入してしっかりとしたリノベーションをすれば安心安全に70〜80年は暮らせるというわけです。

しかも、新築マンションの約60〜70%の金額で手に入る

さらに言えば皆同じような間取りの新築マンションという箱を買ってそのあとに住み方を考えて家具などを買う。だから、片付かないわけです。

しかも、新築マンションの値段のうち約3割は広告費や利益や諸経費などですから

買った瞬間から3割引いた値段が物件勝ちになるわけです。

新しいマンション買う意味が半減してしまいますね。


もう一つ戸建について話しますと、中古の戸建をリノベーションするのはあまりお勧めしません。
戸建は前出のように耐久年数は約25年だとすると既に買った時点で日数がたっており、
それを構造から直すリノベーションして現在の新築以上のレベルにして50年持つ戸建にリノベーションするととんでもない金額がかかってしまいます。

それこそ新築立てるより高くなることがあるのです。

それなら建替た方が安全性は高い。

もちろん建替できない理由でリノベーションするのは例外ですが

皆さんは「新築よりリノベーションの方が安い」と思っているからリノベに興味持たれたとのではと思います。
残念ながら戸建木造はなかなかそうはいかないことが多いのが現実です。

まあ安全性や快適性を無視して「なんちゃってリノベ」風に見た目だけ綺麗にして

安く住みましたみたいなことをしている業者さんも多いですが。。。


こんな理由で僕たちは中古マンション+リノベーションは最も日本の住宅形態の中で「安心安全にオーダーメイドな暮らしを安く提供できる」

という理由でお勧めしているのです。


次回は、そのマンションでの暮らし方や収納、その上での間取りの考え方なんかをコラムに書いていきたいなと思います。



なぜマンション専門なのか?


「なぜマンション専門なんですか? それだけの技術と知識があれば戸建もやった方が良いのでは?」

とよく言われます。


たしかにそうかもしれません。

特に大工の江波戸と河西は「きざみのできる工務店」で修行してきたわけですから

木造戸建も当然施工できます。
設計士の難しい注文住宅ばかりを作ってきてましたし。

僕自身も建築の勉強は基本木造からですのでそれなりに学んできましたし、父の会社で働いているときは木造も多く手がけました。


でもマンション専門なんです。

マンション専門にこだわる理由は3つです。


①自分が幼い頃からRC構造の集合住宅に住んでいて、カビと結露でアトピーになったことから、自分の使命は同じようなことで悩む人たちのお役に立つことであり、
また日本でマンション専門と言えるところが他にないなら僕たちがなるべきだという使命感です。

(なんちゃってやエセなマンション専門は数多くいます)


②マンションリノベーションはいわば平屋の注文住宅とおなじでその人その人のためだけにオーダーメイドで作る住まいなので、高い大工技術と専門知識が必要とします。

その条件に最も当てはまるのが僕たち3人だと自負しているからです


③地震大国の日本において最も適した住まいの構造はRC構造の集合住宅つまりマンションだと思っています。
そして何より管理組合が維持管理してくれる。

このような安全な構造のハードがあり、各戸の内装というソフト部分をオーダーメイドでリノベーションしたなら、これ以上の安全安心な住まいをかなりの低価格で提供できるのです。


簡潔に上記3点が僕たちがマンション専門である理由です。


詳しく書くとだいぶ長くなるので今回はこの辺りで。

次回にもう少し詳しく書こうかなと思います。



1  2  3  4  5  6  7  8
  • 日本で唯一の取り組み マンション専門の建築士×一級建築士で手刻みのできる社員大工
  • 選ばれ続ける理由 自然素材 埼玉 リノベーション マンションリフォーム
  • 設計コンセプト 春日部 フローリング 自然素材 さいたま マンション
  • マンションリノベーション施工事例