デザインリフォームの落とし穴


「おしゃれで素敵なリビングにしたい!」

リフォーム、リノベーションの時にデザインにこだわるのは大事なことだと思います。

最近よくみるリビングなどのデザインリフォームの事例に、
天井壁にコンクリート打ちっぱなしで床に無垢材を使うデザインを見たことはありませんか?

とてもかっこいいですよね?

しかし、この天井壁がマンションのコンクリ躯体をむき出しにしただけの工事だとしたら、
これは人が住むには限界を超えた寒さや暑さになってしまう住宅になってしまっています。

しかも、もし元の住まいの断熱材を解体してコンクリを出したとしたら、
デザインリフォームによって住宅性能を著しく低下させたリフォームとなってしまっています。

以前より、このコラムで何度も結露と断熱についてお話させていただいておりますが、
マンションはRC構造がほとんどですから機密性が高いというメリットと同時に
コンクリートによって外気の寒暖の影響を強く受け、さらに蓄熱する性質を持っているため
室内に温度差をうみ、結露を出しやすい住環境であるということをお話しているかと思います。

1981年以降、RC構造での断熱という概念が生まれましたので、
断熱性能が十分とは言えませんが、以前の無断熱とは雲泥の差です。

それなのに、このようなデザインだけを優先させたリフォームを提案している業者さんって
どういうつもりなのかなと思ってしまいます

売れれば良いのでしょうか?

しかもデザインを優先したこのようなリフォームは住宅性能が著しく低下することを、
お客様に伝えた上で合意しているのでしょうか?
これは推測でしかありませんが、そのような業者さんは都合の悪いことは言わない。
というか、性能が低下することすら知らないのではと思うのです。
同業者として非常に残念です。


せっかく高額の工事費を支払って出来たおうちが工事前より夏暑くて冬寒くなり
さらに光熱費はあがり、結露とカビや温度差によって身体に害のある住まいになってしまう
これでは何のためのリフォームなのでしょうか?

さらに断熱性能だけではなく、遮音性能を低下させ、
工事後に下階住民と騒音トラブルになり、
工事をやり直したなんて事例もあるくらいです。

住まいをリフォームして快適に住まえるようにするにはデザインは重要です。
しかし、住まいの本来の役割は「命を守り育む」ためにあると思うのです。

以前にも話しましたが、リフォーム業界は敷居が低い故に知識や技術がない業者が横行しています。

もちろん優秀で心ある業者さんもたくさんいます。

まずはそんな良い業者を見極めなければなならないと考えると
お客様自らが学んでいただき賢くなって頂く事が
大切なのではないかと思います。

どうか、このコラムで少しでもお役に立てれば嬉しい限りです

それでは。

  • 選ばれ続ける理由 自然素材 埼玉 リノベーション マンションリフォーム
  • 設計コンセプト 春日部 フローリング 自然素材 さいたま マンション
  • メディア実績・専門家としての取り組み リノベーション
  • リフォームブログ 珪藻土 サンビック マンション