『インナーテラスと全室床暖房のある住まい』

一階に位置するこの住まいは、隣接する駐車場からリビングバルコニーに入れる便利な作りを活かしてインナーテラスを計画。リビングでの家族の団欒や趣味などもできるように大きな空間としつつも、小上り畳やピットリビングなどを作ることでその用途を明確にし、寝るときは4枚の大きな建具で仕切れるようにした。
ダイニングの7mの壁面収納は食器類から掃除機や靴などの指定席を決めた収納とし、生活動線の中で出し入れできるように。尚且つ建具を自然塗料の絹色で塗り圧迫感を軽減した。
一階特有の足元の寒さを考え、エアコンで冬は床下に暖気を流し全室床暖房とし、夏は天井や上部垂れ壁から冷気を流すことで全室空調とした。

築年数 築23年
家族構成 家族3人
面積 88,23㎡
設計 友政 伸也
担当大工棟梁 河西 洋輔

ギャラリー

  • 日本で唯一の取り組み マンション専門の建築士×一級建築士で手刻みのできる社員大工
  • 選ばれ続ける理由 自然素材 埼玉 リノベーション マンションリフォーム
  • 設計コンセプト 春日部 フローリング 自然素材 さいたま マンション
  • マンションリノベーション施工事例