マンション専門店サンビックのリノベーションが選ばれ続ける理由

サンビックでは、全ての現場において職人としての経験もあり、マンションの現場を誰よりも熟知している代表の私が、設計・全体統括を担います。

幼い頃より『結露でカビだらけの集合団地』に住み、カビとハウスダストが原因でアトピーになり、首や手・足に湿疹が発症し、かゆくてお友達から『ボツボツ気持ち悪い』と揶揄され、学校に行くのが憂鬱で仕方がありませんでした。こんな思いを幼いお子さんや多くの方にさせてはならないと、建築士となり『結露、カビ、断熱、マンション』を専門に学ぶようになりました。

大工工事、軽量鉄骨屋、クロス屋、それぞれ職人として修行し、父の会社に入社して、お客様が抱えるマンション特有の悩み・不安の解決に向き合ってまいりました。
その結果、種々の機関から高い評価をいただけるようになり、NHKやフジテレビなどのメディアや全国のセミナーに講師としてお招き頂き、マンションリノベーションの注意点をお伝えさせていただくまでになりました。



幼い頃から河西は「プロ野球選手になりたい」と小中高と野球一筋で、その人柄と全体感を見る広い視野から常にキャプテンとして信頼されてきました。 卒業後には大工に憧れ建築学校へ。そこで代表友政と出会います。

埼玉県でも有名な工務店に入社し、大工としての技術を磨きながら一級建築士まで取得するという努力家で、その後ろ姿に多くの取引先やお客様から深い信頼を寄せていただいています。

自ら設計し自ら叩く。真似できないスタイルを構築し、また生まれ持ってのリーダーシップを発揮して、芸術肌の友政と生粋の職人江波戸を上手にまとめているのは、実は河西なのかもしれません。



「大工」という言葉はこの人ためにあるのではないかというほど、生粋の大工棟梁江波戸。 幼い頃より「大工になる」と決め、18歳で手刻みの工務店に弟子入りし、10年の厳しい修行を経て、一人親方として独立。

三度の飯より木をいじる方が好きだというほど根っからの大工でありながら、情に厚く惚れやすい。 そして何より突き抜けて明るい性格は、周りにいるお客様も取引先も一緒に巻き込んで笑ってしまいます。

江波戸のおかげで、どんなに忙しい状況でも仕事が楽しくて仕方がありません。



「どうしてそんな良い人と知り合えるの?」とよく言われます。 でも実は、探し求めて出会ったわけではありません。 20年間技術や知識を必死に学んで、力をつけて良き職人になって集まってきたのです。 初めから技術や知識があったわけではないのです。

「20年後に向かって必死に力をつけて、一緒に良い仕事をしよう」 そう誓い合って20年が経った時、友政の独立と共に2人は誓いを果たしに、サンビックに入社してくれました。

良い人と良い仕事がしたい。だからこそ自身が常に善き人であれ。 これが僕たち3人の理念です。 その根底にあるのは「信頼」です。

大切なお家を、誰に頼んで良いかわからない。 つまり信頼できる会社がわからないとうことだと思います。 どんなに高価な建築物も「信頼」という基礎がガタガタでは成り立たない。

本当は、建築士の資格がなくても仕事はできます。 実際、ほとんどの職人が持っていません。それなのに、なぜ建築士を取得したのか? それはただただ「お客様から信頼される」ためなのです。


社員大工にこだわるのも、理由があります。

それは、大工が手道具で木材を削り、ほぞを刻み、釘を打ち込み、建物の全てを熟練の大工の棟梁が手刻みで作り上げていく昔ながらの古き良き棟梁性こそが、マンションリノベーションにおいて、最もお客様に良い工事をご提供できると確信しているからです。

家づくりの中心は、何といっても現場の大工であり、責任を取るのも大工の棟梁ですが、私が一人でやっていた頃は、設計を形にできる大工が少なくとても苦労をしました。 社員大工で、全ての現場を同じメンバーで創り上げることでこそ、専門特化してレベルアップすることができることを痛感しています。



昔の棟梁性においては、建前の儀式は、親しい親戚や近所の人、職人さんを集めた祝いのお祭りの場でした。 「この笑顔のために頑張ろう」「こんな人たちが建ててくれるんだな」お互いの顔が見える事で、より固い信頼関係が築けるのだと思います。 私たちも、選んでくださったお客様に最高の工事を提供する「パートナー」となるために、工事前に、お施主様、職人、スタッフ、プロジェクトに関わる全ての人を集めて着工式と食事会を行います。


工事が終わったらそれでお終い、という関係は「パートナー」とはいえません。 暮らすうちに出てくる不具合やご不便や、ご家族の住まい方の変化に合わせた改修が必要な際には、家づくりをした経緯や当時の状況、施工方法など、その家の全てを知っている作り手がメンテナンスを行ってこそ、安心安全で快適な暮らしを一生涯守る事に繋がります。



日本のどこかには、マンション専門の会社はあるかもしれません。
一級建築士の大工もどこかにいるでしょう。
手刻みができる人もいます。
しかし、その全てを揃えて団結している工務店は、他にないと自負しています。
何より必死に努力してきた20年は、お客様や取引先から信頼を得るため。 その河西と江波戸の生きる姿勢に、心からの信頼を寄せています。

私たちそれぞれは、まだまだ未熟です。
しかし3人が信頼し合い、それぞれの短所を補い、長所を生かしています。
自分たちがお客様の立場だったら、こんな会社に大切な家を任せたいだろう。 そう思うから、今のこのスタイルをずっと、追い求めてきました。

そして、未来の子供達に「大工さんになりたい!!」と夢を持ち そして叶えていける社会の模範となっていくことが、僕たちの使命だと思っています。

リノベーションをお考えでしたら、ぜひ一度、私たち3人に会いにいらしてください。
直接会って話して、木が香る心地良さ、空気の清々しさ、夏涼しく冬暖かい快適さ、目には見えないけれど大切な裏側の工事へのこだわりを五感で体感いただいた上で、信頼できるかどうか見極めてください。
お客様にお会いできるのを、心よりお待ちしています。

見学会申し込みはこちら

  • 日本で唯一の取り組み マンション専門の建築士×一級建築士で手刻みのできる社員大工
  • 選ばれ続ける理由 自然素材 埼玉 リノベーション マンションリフォーム
  • 設計コンセプト 春日部 フローリング 自然素材 さいたま マンション
  • メディア実績・専門家としての取り組み リノベーション